様々な症状 | いつもとは違う症状がでたらすぐに治療を行おう
先生と看護婦

様々な症状

典型的な症状

更年期障害には、典型的な症状といわれる症状があります。
代表的なものとして挙げられる更年期障害の症状にはのぼせや冷え症があります。
ホルモンバランスのくずれによって発症するのぼせは、症状がひどいと物事に集中できなくなる場合もあります。
また、冷え症の場合であれば気温は温かいのにも関わらず手足は冷たいという状態になります。
この場合、夜寝付けなくなる人もいるので、更年期障害にも対応する冷え改善の薬をのんでおくのが良いでしょう。
他にもほてりの症状が発症する人もいますが、この症状は一方ではホットフラッシュとも呼ばれています。
不意に身体がほてって、冬場でも汗が出る場合もあります。

その他の症状

更年期障害には典型的な症状の他にも人によっては様々な症状が発症します。
めまいやむくみ、動悸なども更年期障害の症状であると言われています。
この場合であれば、普段の仕事や家事にも影響が出てしまう可能性もあるので、更年期障害と診断されたら周囲の人には伝えておくと良いでしょう。
その他にも、頭痛や腰痛、便秘や倦怠感も更年期障害の症状です。
人によっては、昔からこれらの症状が慢性的に起こるという人もいるので、なかなか更年期障害の症状と気づかないでいる人もいます。
なかにはイライラや手足のしびれを伴う人もいますが、どの症状も個人差があり、生活環境によって大きく異なります。
更年期に入ると、どの症状が発症しても更年期障害の症状と思い込んでしまう人もいますが、他の病気のサインである場合もあるので、身体の不調を感じたらまずは医師の診断を受けることが大切です。

» ページのトップへ戻る