若い人でも | いつもとは違う症状がでたらすぐに治療を行おう
先生と看護婦

若い人でも

20代がピーク

更年期障害は40代を中心にしてその症状がでてくるといわれていますが、近年では若いうちに発症する人も増えてきています。
20代から30代に発症する更年期障害は若年性更年期障害と呼ばれています。
若いうちには、更年期障害はまだ先と思う人も多くいますが、生活環境によっては若い人でも症状がでる可能性があります。
特にホルモンに関係するエストロゲンという成分は、20代をピークにして減少していくといわれているので、症状が出る可能性は充分にあります。

生活環境が原因

若年性更年期障害は、主に生活環境が大きく影響していると言われています。
乱れた食生活や不規則な生活を続けることによって更年期障害の症状は発症しやすくなります。
若い人に症状がでる人が増えてきている原因としては、過度なダイエットや仕事でのストレスなどが原因に挙げられます。
近年では10代のうちから無理なダイエットをする女性が増えてきていることも、その原因の1つとなっています。

かかりやすい人

若いうちから更年期障害にかかる人には共通した特徴があるといわれています。
特に几帳面で責任感が強い人は、自分自身で抱えるストレスも大きくなる傾向にあるので、ホルモンバランスが崩れやすく若年性更年期障害にかかりやすくなります。
加えて、喫煙もその症状の原因となる1つなので、タバコをできるだけ控えるのも身体を健康に保つ1つの改善方法です。
他にも、昼夜の生活が逆転している人も更年期障害の症状が出やすくなります。

» ページのトップへ戻る